アスパム (青森県観光物産館)

[アスパム公式ホームページより]

建設趣旨
 青森県の産業・観光物産及び郷土芸能などを総合的に紹介し、県民はもちろん 青森県を訪れる方々に、よりよく青森県を理解していただくための場いわば 「青森県の顔」として、また、21世紀にむけて青森県が大きく飛躍するため の産業振興の拠点として建設されました。

特徴
 高層棟部分は正三角形となっており、「AOMORI」の「A」と青森県の 伸びゆくイメージを表しています。

基本情報
 正式名称 : 青森県観光物産館(あおもりけんかんこうぶっさんかん)
 愛称 : アスパム
 開館日 : 昭和61年4月24日
 管理運営 : (社)青森県産業振興協会概要

建物データ
 設計 : 日建設計(東京都) ※3社参加のコンペで採用
 工事期間 : 昭和59年7月~61年3月
 敷地面積 : 14,996平方メートル
 建築面積 : 4,034平方メートル
 延べ面積 : 14,303平方メートル
 構造 : 鉄骨造りおよび一部鉄筋鉄骨コンクリート造り
 階数 : 地上15階・塔屋3階
 高さ : 76メートル
 駐車場 : 一般車両150台・観光バス12台

アスパム公式ホームページ

asupamu_1.jpg