「ねぶたの家 ワ・セラ」北側の通行にご注意下さい

「ねぶたの家 ワ・セラ」北側(海側)の通行にご注意下さい!!

2012年1月22日午前11時20~30分頃、「ねぶたの家 ワ・ラッセ」の海側通路(建物と外周鉄カーテンの間)で、2回落雪を目撃しました。共に鉄カーテン上部よりの落下で、直径30cm前後の氷塊を含むものでした。この氷塊は、通路中央部および建物本体の側に落下しました。つまり、通路のどこにいても当たる可能性が有るということです。

たまたま、2回とも数m離れた所に同じ親子連れが歩いており、ほんの少しの差で事なきを得ていますが、直撃した場合は重篤な事態になった可能性が高いと思われます。

その後、数名ほど同通路を歩行していましたが、地元の方は落雪の痕跡を見て危険性を認識していたようです。ただ、雪国に不慣れな観光客の方は、落雪の危険性を認識できないと思われます。「降雪の状況」・「積雪の状況」・「気温の状況」などにより、落雪の可能性が大きくなる場合が有りますので、繰り返しますが『「ねぶたの家 ワ・セラ」北側(海側)の通行にご注意下さい!!』。

※ 「ワ・ラッセ」建築前、安方住民を対象とした工事に関する説明会が有りました。その席上、質疑応答で、「落雪の危険性が高いと思われ、暖地からの観光客も多く来るだろう。対処されているのか?」という質問がなされていました。重篤な事故への危惧が、現実にならないことを祈ります。


yp20120122a.jpg
ワ・ラッセ 海側通路 (前方の路面が白くなっている部分に落雪が有った。)


yp20120122b.jpg  yp20120122c.jpg
(左) 通路中央部に落ちた氷塊。 (右) 途中の支柱にも氷塊が引っかかっていた。


yp20120122d.jpg  yp20120122e.jpg
建物側に落下した氷塊。


yp20120122f.jpg
外部には、まだ雪だまりが見られた。